深海で一番深い場所はどこ?世界一深い場所にいる魚は何?

深海とは?
タキ
タキ

こんにちは
自称「水族館ジャーナリスト」のタキです。

今回は「深海の一番深い場所」
「世界一深い場所にいる魚」について紹介します。

「深海」と聞いてもどれぐらい深いのか
なかなかイメージがつきづらいと思います。

そして、どんな魚が世界一深い場所にいるのか
も気になる方が多いのではないでしょうか?

ぜひ、この記事を読んで
深海魚についてもっと理解を深めてください!

スポンサーリンク

深海で一番深いのは「マリアナ海溝」

深海というのは一般に
深度200m以下の場所のことを言います。

そしてその割合は海の中の95%を占めます。

そして海を綺麗にならした場合
海の平均深度は約3,800mになります。
富士山がすぽっと入ってしまうほど…。

そんな中で、一番深いのは「マリアナ海溝」
という場所です。グアムの左下、日本と
インドネシアの間にある海溝です。

そしてその深度はなんと「約10,900m」
世界最大の山であるエベレストをひっくり返しても
すぽっと入ってしまうほど。

海の大きさ、深海のロマンの大きさが
ここから分かると思います。
まだまだ未知の生物がたくさんいるはず。

スポンサーリンク

世界一深い場所にいる魚は「シンカイクサウオ」

深海で一番深い場所は「マリアナ海溝」でしたが
世界で一番深い場所にいる魚はなんなのか
それは「シンカイクサウオ」の一種です。

正式には「マリアナスネイルフィッシュ」
という名前で、深海をゆらゆらと泳ぐ姿が
動画に収められています。

マリアナスネイルフィッシュ

マリアナ海溝の水深8,178mにおいて魚類の撮影に成功

名前:マリアナスネイルフィッシュ
分類:脊索動物門カサゴ目クサウオ科
大きさ:約 20 cm
生息水深:6,000 m以深

マリアナスネイルフィッシュの体は
かなりブヨブヨとしており柔らかいです。

これは深海の超高圧に耐えるため。
プルプルのゼラチンのようなもので
水分がかなり多いと考えられています。

この魚が発見されたのは「水深8178m」
なんと発見したのは日本の研究チーム。

これは非常に誇らしいことです!

スポンサーリンク

世界一深い場所にいる生き物は「カイコウオオソコエビ」

深海で一番深い場所にいる魚を紹介しましたが
海に住んでいるのは魚だけではありません。

では、一番深い場所にいる生き物は何か?
答えは「カイコウオオソコエビ」です。

カイコウオオソコエビ

Life in the Mariana Trench

和名:カイコウオオソコエビ
分類:節足動物門端脚目
大きさ:約 4.5 cm
生息水深:6000 m以深

カイコウオオソコエビはヨコエビ
と呼ばれる種類の仲間で
エビとは少し違う種類です。

カイコウオオソコエビは「深度10,000m」
を超える場所でも確認されており

最も深い場所で生活している生き物です。

体内には大量の脂肪を蓄えており
餌の少ない環境でエネルギー源にしています。

生息域が深すぎるため、まだ生態について
分かっていないことも多い生き物です!

世界一深い場所にいる哺乳類は「マッコウクジラ」?

深海で一番深い場所にいる生き物を紹介しましたが
私たち人間と同じ哺乳類はどうなのか?

答えは「マッコウクジラ」か「アカボウクジラ」
どちらも深い場所に潜ることで有名なクジラで
マッコウクジラはダイオウイカが好物です。

深海に潜るクジラ①「アカボウクジラ」

和名:アカボウクジラ
分類:脊索動物門アカボウクジラ科
大きさ:約 7 m
生息水深: 最大約 3,000 m

まずは「アカボウクジラ」を紹介します。
クジラの中で最も深く潜水する種類の一つで
最大3,000mまで潜水した記録があります。

約3,000mもの深くて長い潜水をするためには
高い圧力に耐える特別な構造が必要です。

しかし、どんな構造が深海に適応しているのか
まだよく分かっていません…。

深海に潜るクジラ②「マッコウクジラ」

和名:マッコウクジラ
分類:脊索動物門マッコウクジラ科
大きさ:最大 18 m
生息水深:最大 3,000 m

続いて紹介するのは「マッコウクジラ」
ダイオウイカとの格闘が有名なクジラで
深海に潜るクジラとしても人気です。

マッコウクジラの主な餌は、ダイオウイカを含む
イカ類で、ダイオウイカの住む深度1,000mまで
約10分で潜ることができます。

こちらも最大の深度は約3,000m
非常に深いところまで潜ることができる
哺乳類の一種です。

まとめ:過酷な深海に生きる生き物がたくさん

深海という、高圧・低温で光も届かない
そんな過酷な場所にたくさんの生物が
生活しています。

  • 「マリアナスネイルフィッシュ」
  • 「カイコウオオソコエビ」
  • 「マッコウクジラ」
  • 「アカボウクジラ」

もしかしたらまだまだ
深い場所にいる生き物がいるかもしれません。
今後の研究を楽しみに待ちましょう!

様々な深海生物に出会える水族館

深海魚大国かつ水族館大国である日本には
「深海魚に出会える水族館」もあります。

ぜひ実際に訪れて、実際に動き回る姿を観て
楽しんでみてください。
そして水族館の魅力を感じてください。

この中でも特に深海魚で有名なのは
静岡県の「沼津港深海水族館」
愛知県の「竹島水族館」

迷ったらこちらに行ってみてください。
特に沼津港では深海魚を食べることも…。
詳しくはこちらの記事をどうぞ!

深海魚はまだまだ不思議がいっぱい

今回は「深海に住んでいるアナゴたち
というテーマで深海魚を紹介してきました。
ですが、まだまだ様々な深海魚がいます。

他のテーマについてもまとめているので
こちらからどうぞ。

もっと深海魚について知りたい方は
本を読むのもオススメ。

ぜひ、深海魚をもっと楽しんでみてください。
では、また。

コメント

  1. […] […]

タイトルとURLをコピーしました
//スマホ目次追従