深海魚「リュウグウノツカイ」とその仲間10選:アカマンボウも?

深海魚
タキ
タキ

こんにちは
自称「水族館ジャーナリスト」のタキです。

今回は、深海魚であるリュウグウノツカイと
同じアカマンボウ目に属している
仲間についてまとめてみました。

神秘的な見た目が大人気のリュウグウノツカイ
ですが、
似た見た目をした仲間もいます!

後半には深海魚兼水族館好きの僕が
深海魚に出会える水族館も紹介しているので
ぜひ水族館にも行ってみてください。

スポンサーリンク

深海魚「リュウグウノツカイ」とは

Oarfish: The Real Sea Serpent – Deepsea Oddities

和名:リュウグウノツカイ
分類:脊索動物門アカマンボウ目リュウグウノツカイ科
大きさ:3 m(最大 11 m)
生息水深: 200〜1,000 m

人気の高い深海魚「リュウグウノツカイ」
その神秘的な見た目が話題を呼び
捕獲されるとニュースにもなります。

たまーにいきた状態で水族館に
搬入されることもありますが
泳ぐ姿が見れたら超レア!

そんなリュウグウノツカイですが
同じリュウグウノツカイ属の魚は他にいません。

ですが、アカマンボウ目にまで広げると
意外とたくさんの仲間がいます。

ということで今回は、リュウグウノツカイと同じ
アカマンボウ目に属する仲間を10種紹介します。

スポンサーリンク

リュウグウノツカイの仲間①「サケガシラ」

和名:サケガシラ
分類:脊索動物門アカマンボウ目フリソデウオ科
大きさ:2 m
生息水深:200〜500m

最初の仲間は「サケガシラ」
細長いですが、リュウグウノツカイと比べると
少し太めに感じるかもしれません。

サケガシラはアカマンボウ目の
フリソデウオ科に属している魚です。

リュウグウノツカイは動物プランクトンを
食べて生活しますが、サケガシラは
小魚やイカを食べています。

肉は水っぽいので食用には向きません…。
気まぐれクックさんが実際に食べてます。

【お宝映像】指15本クラスのリュウグウノツカイ?みたいな謎の魚が手に入りました!
スポンサーリンク

リュウグウノツカイの仲間②「テンガイハタ」

和名:テンガイハタ
分類:脊索動物門アカマンボウ目フリソデウオ科
大きさ:約 2 m

続いて紹介するのは「テンガイハタ」
こちらもリュウグウノツカイの偽物
と呼べそうな見た目をしています。

リュウグウノツカイと同じく
立ち泳ぎをしながら動物プランクトンなどを
食べて生活しています。

幼魚の時は発達した腹ビレや尾ビレを持ちますが
成長するにつれて目立たなくなっていきます。

テンガイハタは滅多に漁獲されませんが
獲れると食用利用されることがあります!
水抜きして刺身にしたり、鍋物に利用します。

リュウグウノツカイの仲間③「フリソデウオ」

和名:フリソデウオ
分類:脊索動物門アカマンボウ目フリソデウオ科
大きさ:約 1 m

続いて紹介するのは「フリソデウオ」
サケガシラやテンガイハタよりも
さらに短い種類の魚です。

リュウグウノツカイよりも
著しく短いフリソデウオですが
少しリュウグウノツカイの面影はあります。

日本近海に広く分布していますが
発見されることはかなり稀です。

こちらも立ち泳ぎをしながら
プランクトンや浮遊性の甲殻類を
食べて生活していると考えられています。

リュウグウノツカイの仲間④「テングノタチ」

出典:Wikipedia

和名:テングノタチ
分類:脊索動物門アカマンボウ目アカナマダ科
大きさ:約 1.5 m
生息水深:約 1,000 m

続いて紹介するのは「テングノタチ」
体つきはかなりリュウグウノツカイに
似ていますが、顔がちょっと違います。

赤色の背ビレに細長い体を持っていますが
特徴的なのは頭の上の部分。
天狗の鼻のように張り出しています。

また、お尻の近くに墨袋を持っており
イカ墨のようなスミを出すこともできます。

テングノタチも頭を上にして泳ぎますが
珍しい魚で、詳しいことは
あまりよく分かっていません。

リュウグウノツカイの仲間⑤「アカナマダ」

和名:アカナマダ
分類:脊索動物門アカマンボウ目アカナマダ科
大きさ:約 1 m(最大 2 m)
生息水深: 200〜1,000 m

続いて紹介するのは「アカナマダ」
こちらも見た目はリュウグウノツカイっぽい
ですが、なんか違いますね。

日本でも稀に捕獲される深海魚で
富山や北海道、神奈川などで
確認された記録があります。

テングノタチと同様に墨袋を持っており
お尻の部分から墨を噴出できます。

頭を上にして泳ぐと考えられていますが
不明な点も多く、定かではありません!

リュウグウノツカイの仲間⑥「アカマンボウ」

和名:アカマンボウ
分類:脊索動物門アカマンボウ目アカマンボウ科
大きさ:表層〜 500 m

続いて紹介するのは「アカマンボウ」
知っている人も多いかもしれません

一時期マグロの代わりとして使われている
ということで話題になった魚ですが
それは真っ赤な嘘です。

確かに味や見た目はマグロに似ていますが
大量に獲れるわけでもないアカマンボウを
わざわざマグロの代わりに使いません。

そんなアカマンボウですが
実はリュウグウノツカイと近縁。

水族館にいるマンボウとは分類上全く別です。

アカマンボウは結構美味しいので
普通の食用利用され、沖縄やハワイでは
重宝されているお魚です!

【お宝映像】赤く輝く巨大マンボウをさばいてさばいて。刺身にしてぺろり。お味が衝撃。Sashimi a huge sunfish

リュウグウノツカイの仲間⑦「クサアジ」

和名:クサアジ
分類:脊索動物門アカマンボウ目クサアジ科
大きさ:約 45 cm

続いて紹介するのは「クサアジ」
名前も見た目も全くと言っていいほど
リュウグウノツカイには似ていません。

駿河湾や朝鮮、マダガスカル沖などで
捕獲されることのある魚。

リュウグウノツカイとは逆に体は高いですが
口が斜め下に伸びるところは似ています。

稀に漁獲されることがあり
味は結構美味しいので食用利用されます。

寝起きで渡されたこの魚。きまぐれクック史上最も身が〇〇でした。

リュウグウノツカイの仲間⑧「ヒメクサアジ」

和名:ヒメクサアジ
分類:脊索動物門アカマンボウ目クサアジ科
大きさ:約 30 cm
生息水深:約 200 m

続いて紹介するのは「ヒメクサアジ」
こちらも見た目、名前ともに
リュウグウノツカイには似ていません。

日本では駿河湾や相模湾で稀に漁獲され
世界的にはオーストラリアや
ニュージーランド沿岸で見られます。

漁師さんたちは獲れると食べますが
流通することはほぼありません。

ただ、味は美味しいと評判です。

美ら海水族館での展示実績がありますが
水族館で観られたらかなりレア!

リュウグウノツカイの仲間⑨「ステューレポルス」

出典:Wikipedia

学名:Stylephorus chordatus(ステューレポルス)
分類:脊索動物門アカマンボウ目ステューレポルス科
大きさ:約 30 cm
生息水深:1,000 m程度?

続いて紹介するのは「ステューレポルス」
変な名前の理由は、和名がついていないから。

ステューレポルスはリュウグウノツカイや
フリソデウオに見た目は似ています。
しかし、大きさは30cm程度とかなり小さめ。

深海の中層を立ち泳ぎしながら
プランクトンや浮遊性の甲殻類を食べます。

また、尾ビレの一部と背びれの一部が
異常に長いことも特徴。これが邪魔するのか
泳ぐ能力はあまりありません。

日本近海では獲れない魚で
謎に包まれている部分もたくさんあります。

最近の研究の中には
アカマンボウ目よりもタラ目に近い
という報告もあります。

リュウグウノツカイの仲間⑩「ラディイケパルス」

和名:Radiicephalus elongatus(ラディイケパルス)
分類:脊索動物門アカマンボウ目ラディイケパルス科
大きさ:約 70 cm

最後に紹介するのは「ラディイケパルス」
こちらも和名がない魚です。

大西洋の中部から東部とニューギニア沖
でのみから知られる珍しい魚で標本も
数点しか存在していません。

墨袋を持っていて、アカナマダ科とは
近い関係だと考えられています。

今後の研究や標本の発見が
非常に期待される魚です!

様々な深海生物に出会える水族館

深海魚大国かつ水族館大国である日本には
「深海魚に出会える水族館」もあります。

ぜひ実際に訪れて、実際に動き回る姿を観て
楽しんでみてください。
そして水族館の魅力を感じてください。

この中でも特に深海魚で有名なのは
静岡県の「沼津港深海水族館」
愛知県の「竹島水族館」

迷ったらこちらに行ってみてください。
特に沼津港では深海魚を食べることも…。
詳しくはこちらの記事をどうぞ!

深海魚はまだまだ不思議がいっぱい

今回は「リュウグウノツカイとその仲間たち」
というテーマで深海魚を紹介してきました。
ですが、まだまだ様々な深海魚がいます。

他のテーマについてもまとめているので
こちらからどうぞ。

もっと深海魚について知りたい方は
本を読むのもオススメ。

ぜひ、深海魚をもっと楽しんでみてください。
では、また。

コメント

タイトルとURLをコピーしました
//スマホ目次追従